節談(ふしだん)とは

仏教における人々の情感に訴える布教のながい伝統をふまえ、浄土真宗で成立した独自な布教技法です。一節には、落語、講談、浪曲といった日本の「話芸」の源流となったといわれています。

笑いあり、涙あり、そして思わずお念仏が口に出る感動的な説教をぜひ、一度ご聴聞ください。

淨宗寺住職は、節談の研究にとりくみ、2007(平成19)年7月の「築地本願寺節談説教布教大会」の企画に加わり、現在この伝道技法の研究と現代への再生を目指しています。

2019年5月12日

若院、教師資格を取得
3月29日、若院がご本山における教修を終えて、1寺の住職に就任できる「浄土真宗本願寺派教師」資格を頂戴いたしました。大学卒業後、1年間宗門立の僧侶養成機関「中央仏教学院」に通学し、卒業後10日間の研修を受けさせていただきました。長い間のお育てに感謝申しあげます。4月以降は、大学で自分の興味ある分野の講義を聴講しながら、法務の手伝いもさせていただきます。いまだ、何分の未熟者ですので、今後とも末永くご指導くださいませ。

ページの先頭へ

2019年5月12日

彼岸会・藤野宗城師の節談を聴聞
DSCN0683_RDSCN0690_RDSCN0675_R 穏やかな春の日曜日、大勢のお参りの皆様とご一緒に、藤野宗城先生の節談を聴聞させていただきました。

ページの先頭へ