朗々たる節談(ふしだん)と お念仏の声ひびく寺

節談とお念仏の味わい 住職からのお便り

HOME 節談とお念仏の味わい 住職からのお便り

節談とお念仏の味わい 住職からのお便り

節談(ふしだん)とは

仏教における人々の情感に訴える布教のながい伝統をふまえ、浄土真宗で成立した独自な布教技法です。一節には、落語、講談、浪曲といった日本の「話芸」の源流となったといわれています。

笑いあり、涙あり、そして思わずお念仏が口に出る感動的な説教をぜひ、一度ご聴聞ください。

淨宗寺住職は、節談の研究にとりくみ、2007(平成19)年7月の「築地本願寺節談説教布教大会」の企画に加わり、現在この伝道技法の研究と現代への再生を目指しています。

2020年7月28日

住職の新著『布教技法としての節談』(永田文昌堂刊)
この度、住職が新しい著書『布教技法としての節談』を、永田文昌堂様から出版させていただきました。布教の歴史を振り返り、その成果を現代にいかに活かしていくかという、永年のテーマをまとめたものです。(8月3日刊2300円税別)

ページの先頭へ

2020年7月28日

ソーシャルディスタンスをとってのお盆会
例年の本堂でのお盆会は、100名以上の皆様にお集まりいただき、賑やかにお勤めして参りました。しかし、本年は、役員協議のうえ、感染症予防の観点から、参詣者の分散をお願いすることとなりました。つまり、8月13日・14日・15日それぞれ午前8時から、3回に分けてお勤めさせていただきます。門信徒の皆様には、すでに寺報『願心』35号でご案内のように、13日お名前ア~サ行、14日タ~ワ行、15日初盆を迎える皆様に、それぞれご参詣頂ければ幸いです。(あくまで目安ですので皆様のご都合を優先してください。) また、法要時間は、30分とし、いす席の間隔も可能な限り広く空けさせていただきます。お手数をおかけしますが、マスク手洗いなどを心がけて、お越しくださいませ。なお今年は、分散化のため参詣者の数が限られますので、「志」の封筒に予めお書き頂いた故人のご法名を、読経中に読みあげさせていただきたく存じます。事前にお送りいただいた方々のご法名も、3日間に分けて拝読いたします。 総代・婦人会の皆様には、新しい試みでお手間をおかけいたします。 厳しい世相ですが、ひととき亡き方々を偲び、心静かに手をあわせましょう。

ページの先頭へ

2020年7月4日

久々の定例法座・赤井智顕師「一からの正信偈」
明日、7月5日16時から定例法座を再開いたします。厳しい感染症の蔓延によって、元旦会以来お座を休止してきましたが、今回から感染予防に配慮しながら、お勤めさせていただきます。いす席の間隔をあけ、講師の演台には門徒総代の山口一心堂さんから購入した段ボール製の遮蔽版を設置し、茶菓の接待も持ち帰り式にさせていただきます。今回から、赤井智顕先生に『正信偈』のお話をしていただきます。長時間を避けるため短いお話ですので、詳しい資料も用意させたいただきました。しばらくは、ご門徒さん限定で行います。世の中が落ち着きましたら、外部の方の聴講も受け付けたいと思います。

ページの先頭へ

2020年5月10日

緊急のマスク寄付
この度、門徒総代の嶋田健一様から、医療用マスク10枚入り60袋(600枚)をご寄付いただきました。とりあえず、月参りにお伺いするご家庭に、配らせていただきます。ありがとうございました。

ページの先頭へ

2020年5月3日

コロナ蔓延のときだからこそ「三方よし」で!
今、厳しい感染症の蔓延で、皆さまつらい日々をお過ごしのことと思います。こんな時だからこそ、少し感動した話題をお届けしましょう。 当地滋賀県は、昔から近江商人の故郷とし有名です。意外と知られてないですが、近江商人の大部分は浄土真宗のご門徒さんで、「売り手よし・買い手よし・世間よし」の「三方よし」は、お念仏の教えに生きる価値観を表わしているのです。 この度、淨宗寺の門徒総代のおひとり山口一心堂さんが、コロナウイルス感染を防ぐための段ボール製の衝立を制作し、県庁・市役所に寄付され、ネットで販売も始められました。これこそ、近江商人の「三方よし」に通じるのではないでしょうか。 【問い合わせ先】 山口一心堂さん:https://www.yamaguchi-isshindo.jp/

ページの先頭へ

2020年4月15日

門信徒の皆様へのお知らせ
五月十七日(日)に予定しておりました、前住職直林孝庸の三十三回忌法要は、昨今の新型コロナウイルス感染広がり状況を鑑み、本堂内での密集を避けるべく、親族のみにてお勤めさせていただきます。なお、ご門徒の皆様には、明年三月の彼岸会の際に改めてご案内をさしあげ、一座の法要を併せてお勤め致したく存じます。何卒、ご了解くださいませ。

ページの先頭へ

2020年2月28日

【急報】前住職三十三回忌・彼岸会法要の日程変更
先般ご案内の、三月二十日に予定しておりました、前住職三十三回忌・彼岸会法要に関しましては、本日責任役員協議の結果、感染症予防の観点から、新日程 五月十七日(日曜日)午後二時に延期させていただきたく存じます。 ご参詣を予定されていた皆様に、深くお詫び申しあげます。なお、お勤めと説教については、当初と同じ形で営ませて頂く所存でございます。何卒、ご海容のうえ、新日程でのご参拝を、心よりお待ち申しております。合掌

ページの先頭へ

2020年2月20日

筆頭総代に石﨑寛治博士
昨年12月、髙谷満会長(筆頭総代・門信徒会総代会会長)が、急逝なされました。11月の報恩講の折には、お元気でご挨拶されておりましたので、無常の世のならいとは知りながら、一同晴天の霹靂のような強いショックを禁じえませんでした。ここに生前のご功績に感謝申しあげ、謹んでご報告させていただきます。 さりとて、会長不在のままではかえって故人のご遺志にも反することではないかと存じ、髙谷様の満中陰の終わった2月16日、臨時総代会を開き、慎重に協議の結果、石﨑寛治博士に後任の筆頭総代にご就任頂く運びとなりました。石﨑先生は、東京大学理学部をご卒業なされた遺伝学の研究者で、温厚篤実なお同行でいらっしゃいます。今後は、寺田・山口・上原副会長はじめ全総代とご協力いただき、淨宗寺の護持発展のために、色々とお骨折り頂きたく、よろしくお願い申しあげます。

ページの先頭へ