朗々たる節談(ふしだん)と お念仏の声ひびく寺

節談とお念仏の味わい 住職からのお便り

HOME 節談とお念仏の味わい 住職からのお便り

節談とお念仏の味わい 住職からのお便り

節談(ふしだん)とは

仏教における人々の情感に訴える布教のながい伝統をふまえ、浄土真宗で成立した独自な布教技法です。一節には、落語、講談、浪曲といった日本の「話芸」の源流となったといわれています。

笑いあり、涙あり、そして思わずお念仏が口に出る感動的な説教をぜひ、一度ご聴聞ください。

淨宗寺住職は、節談の研究にとりくみ、2007(平成19)年7月の「築地本願寺節談説教布教大会」の企画に加わり、現在この伝道技法の研究と現代への再生を目指しています。

2017年4月2日

伝統の高座説教とフルート演奏・彼岸会法要
DSCN0300 DSCN0321 DSCN0322 DSCN0327 DSCN0330 DSCN0332 穏やかな天候に恵まれた春分の日、恒例の彼岸会法要が営まれました。阿弥陀経のお勤めに続き、神田光憲師の格調高い高座説教を聴聞させていただきました。 その後ガラッと雰囲気を変えて演奏していただいた、木村麻奈未さんによるフルートの音色は、胸にしみましたね。「真宗宗歌」・「恩徳讃」をはじめ、「川の流れのように」などのなじみ深い曲も加えていただき、皆さんとともに思わず口ずさんでしまいました。 電子ピアノ伴奏をしていただいた相愛大学時代のお友達である山田さんにも、お礼申しあげます。

ページの先頭へ

2017年3月15日

お彼岸にお寺へ!
3月20日のお彼岸中日の午後2時から、彼岸会法要をお勤めいたします。 今年は、奈良光圓寺の神田光憲師の高座説教を聴聞した後で、ご門徒の木村麻奈未さんたちによるフルートミニコンサートがございます。 仏教讃歌のほかに、いくつかの曲を演奏していただく予定です。 ぜひ、お越しください。

ページの先頭へ

2017年2月4日

にぎやかな元旦会
DSCN0263 DSCN0274 DSCN0276 DSCN0279 DSCN0296 DSCN0295今年のお正月は、うららかな晴天に恵まれました。例年のようにたくさんの皆様とともに、『正信偈』と「現世利益和算」をお勤めし、新しい年への思いを新たにさせていただきました。今年は、若院が調声をしてくれました。ありがたいことです。

ページの先頭へ

2016年12月12日

新年はお寺参りから・元旦会
世界中で様々なことがあった2016年も、余すところ半月になりました。例年のように、1月1日午前10時から、本堂で元旦会法要をお勤めいたします。新しい年に御仏様の前に手を合わせる尊いご縁を、持たせていただきましょう。

ページの先頭へ

2016年12月5日

大遠忌点描
img_0141 img_0143 img_0133 img_0151 dscn0229 dscn0236 img_0166 img_0175 dscn0245 dscn0250 dscn0261

ページの先頭へ

2016年11月26日

親鸞聖人七五〇回大遠忌法要
dsc00063dsc00067dsc00080dsc00103dsc00120dsc00122dsc00117dsc00134 小春日和の23日、親鸞聖人七五〇回大遠忌法要が営まれました。たくさんの写真を御撮りいただいたのですが、容量の関係で少ししかアップできませんでした。申し訳ありませんでした。後日追加したいと思います。導師をお勤め頂いた釈徹宗先生・お取次ぎの廣陵兼純先生・会奉行の釈宣寿先生・会係の淨謙恵照師と橋本一道師・出勤法中と讃嘆衆ご一同・淨宗寺総代会婦人会の皆様、そしてご縁を結んでいただいた全ての方々に、厚くお礼申しあげます。南無阿弥陀仏。

ページの先頭へ

2016年10月21日

曳山をお迎えして
今年も、例年のように大津祭りの最後を飾る、当山入り口での曳山によるからくり奉納が行われました。雨の予報が外れ、何とかお天気も持ってくれ、ありがたいことです。。総代さんたちと、塩屋治兵衛翁を追慕しつつ、十三基の曳山をお見送りすると、秋の日はとっぷりと暮れておりました。

ページの先頭へ

2016年8月15日

亡き方の導きにより・盂蘭盆会
DSCN0180 DSCN0182 DSCN0185 猛暑続きの夏も昨日の雨でようやく峠を越えた感じです。 早朝からの盂蘭盆会法要に、多くの皆様とおであいさせていただきました。 髙原定純先生のお取次ぎは、亡き方がいつも私をお見守りいただいているという味わい深いものでした。 最後に、新しい駐車場のご披露や秋に大遠忌について、髙谷総代からお話いただきました。

ページの先頭へ