朗々たる節談(ふしだん)と お念仏の声ひびく寺

節談とお念仏の味わい 住職からのお便り

HOME 節談とお念仏の味わい 住職からのお便り

節談とお念仏の味わい 住職からのお便り

節談(ふしだん)とは

仏教における人々の情感に訴える布教のながい伝統をふまえ、浄土真宗で成立した独自な布教技法です。一節には、落語、講談、浪曲といった日本の「話芸」の源流となったといわれています。

笑いあり、涙あり、そして思わずお念仏が口に出る感動的な説教をぜひ、一度ご聴聞ください。

淨宗寺住職は、節談の研究にとりくみ、2007(平成19)年7月の「築地本願寺節談説教布教大会」の企画に加わり、現在この伝道技法の研究と現代への再生を目指しています。

2021年5月3日

聖徳太子一四〇〇回ご遠忌
今年は、622年に薨去された聖徳大子の一四〇〇回遠忌に当たります。コロナ禍の中でも、太子ゆかりの寺々では、太子を偲ぶ法要が続いています。わが淨宗寺には、太子創建の法隆寺境内の楠材で刻まれた、江里康慧大仏師・人間国宝故佐代子先生ご夫妻制作の聖徳太子尊像を安置申しあげております。また、お像の上部に掲げる扁額には、常磐井慈祥真宗高田派ご法主猊下の筆になる「八耳」という「多くの人々の思いを聞き届けられる」太子をたたえた文言が記されています。5月2日、常例法座の折に併せて、講師の赤井智顕師に導師をお願いし、太子和讃を読誦して、ご遠忌をお勤めさせていただきました。コロナ禍の状況下では、こうした小規模の法要が精一杯のことであり、太子様に申しわけない思いもありますが、今日のような人と人とのかかわりの縁が持ちにくい時代にこそ、太子の理想とされた「和」の精神をかみしめたいものであります。

ページの先頭へ

2021年5月3日

前住を偲んで・雨の中でもお参り
昨年、コロナウイルス感染拡大第一波のため延期となっていた、前住職直林孝庸の三十三回忌法要を、去る3月21日にお勤めさせていただきました。やはり、コロナ禍が収まっていない情況ですので、二部に分けて参詣人数を制限しての法要となりました。当日はあいにくの雨模様のお天気でしたが、役員さん婦人会の皆様のご協力で、無事にお勤めできましたこと、心より感謝申しあげます。

ページの先頭へ

2021年2月2日

元旦会は二部に分けました。
今年の元旦会は、感染予防のため、二部に分けてお勤め致しました。手指消毒やいすの消毒・換気など、役員と参詣の皆様には、ことのほかお手数をお掛けしました。感謝申しあげます。

ページの先頭へ

2020年12月4日

「三密」を避けての報恩講
新型コロナウイルス感染第三波襲来の中で、精一杯の感染対策をたてて、報恩講をお勤めさせていただきました。ご不便をお願いしお取次ぎ頂いた廣陵兼純和上、毎座ごとの消毒など大変なお手間をかけた総代会・婦人会そして法務員の皆様に、心より感謝申しあげます。

ページの先頭へ

2020年10月25日

コロナ禍の報恩講
新型コロナの感染が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?一年で最も大切なお仏事である報恩講。今年は感染拡大予防を踏まえて、お名前順に分けた3部制にして、事前申し込みを頂く形にさせていただきました。お手数をおかけいたしますが、お参りしていただける方は、10月中に電話で人数をお知らせください。 なお、例年皆さまが楽しみにしておられる婦人会手作りの「お斎(お弁当)」は、今年に限りお休みにして、毎座簡単なお弁当やご飯を仕出し形式でお渡しさせていただきます。お許しくださいませ。何卒、よろしくお願い申しあげます。

ページの先頭へ

2020年9月3日

定例法座・一からの正信偈 第二回
9月6日16時から、赤井智顕師による「一からの正信偈」講座の第2回を行います。前回同様に、感染症対策を考えての開座になりますので、ご協力の程をお願い申しあげます。詳しくは、寺にお尋ねください。

ページの先頭へ

2020年9月2日

密集を避けた盂蘭盆会
新型コロナウイルス感染の続く中で、例年とは違う形でのお盆を迎えました。今年は、8月13日から15日まで3回に分けて本堂での盂蘭盆会をお勤めさせていただきました。役員の皆様には、3日間の役割分担をしていただき、無事にお勤めできましたこと、心よりお礼申しあげます。幸いご参詣の皆様の分散化をはかることができ、静かなお勤めとなりました。

ページの先頭へ

2020年7月28日

住職の新著『布教技法としての節談』(永田文昌堂刊)
この度、住職が新しい著書『布教技法としての節談』を、永田文昌堂様から出版させていただきました。布教の歴史を振り返り、その成果を現代にいかに活かしていくかという、永年のテーマをまとめたものです。(8月3日刊2300円税別)

ページの先頭へ