節談(ふしだん)とは

仏教における人々の情感に訴える布教のながい伝統をふまえ、浄土真宗で成立した独自な布教技法です。一節には、落語、講談、浪曲といった日本の「話芸」の源流となったといわれています。

笑いあり、涙あり、そして思わずお念仏が口に出る感動的な説教をぜひ、一度ご聴聞ください。

淨宗寺住職は、節談の研究にとりくみ、2007(平成19)年7月の「築地本願寺節談説教布教大会」の企画に加わり、現在この伝道技法の研究と現代への再生を目指しています。

2013年7月21日

盂蘭盆会法要のご案内
例年のように、8月15日午前8時よりご本堂において盂蘭盆会法要をお勤めいたします。お説教は湯布院西蓮寺の杜多晃證師です。皆様のお参りをお待ち申しあげております。蝉しぐれの中、亡き人々をご縁として、静かにお念仏申しましょう。

ページの先頭へ

2013年7月7日

常例・おつとめの勉強会ぜひお越しください。
7月14日(日)午後4時から、おつとめの勉強会がございます。今回は、『浄土和讃』の続きをいただきます。この勉強会の目的は、お念仏のみ教えを学問知識としてではなく、声に出すおつとめを通じて感動的に味わうことをめざしています。ぜきお気軽におこしください。

ページの先頭へ